日本製の革財布ブランドNO.1のココマイスターの革財布の特徴と評判

COCOMEISTER(ココマイスター)ってどんなブランド?

 

 

 

COCOMEISTER(ココマイスター)は2010年に創業し、比較的新しいブランドであるにも関わらず、現在の日本製革財布ブランドを牽引する存在となっています。

 

「欧州最高級の革」と「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトに熟練の職人を選定し、こだわりの革製品を作っているブランドです。

 

 

ヨーロッパの高級革と日本人の熟練の職人の技術を合わせた代表的なブランドであり、口コミや評判も高く、爆発的な人気を誇っています。

 

公式サイトにも実際に購入した人の多数のレビューが記載されており、人気と品質のほどが伺えます。
(購入者が多くない場合や品質が悪い場合は公式サイトのレビューは数自体が多くならないため)

 

ちなみに、レビューには「商品を使う人」「使う人の職業 」「ココマイスターの購入回数」等の基本項目があるため、レビュー者がどういった人なのかある程度のイメージが湧きやすくなっている一工夫もあります。

 

 

なお、一つ一つの商品を全て手作りで作っており、人気が出たからと言ってスピード重視の大量生産にしなかったことがこのブランドの評価を高めた要因の一つです。

 

一切妥協をせずにこだわりの革財布を作っている点はさすがとしか言いようがありませんが、それ故に生産スピードが遅いという欠点があります。

 

また、素材自体も希少な革を使っているため、そもそも欧州の工場から取り寄せができない場合もあり、このときもやはり代わりに別の場所で探したりもせずに、希少な革が手に入るのを待ちます。

 

これらの生産状況と爆発的な人気から、品切れが非常に多いという欠点があります。

 

欲しい財布を見つけたらすぐに購入を検討しなければ、次の日には売り切れてしまう場合も多々あるのでご注意ください。

ココマイスターの革財布ができるまで

 

 

ココマイスターの革の仕入れ先はヨーロッパの「カルロ・バダラッシ社」「セドウィック社」等のヨーロッパでも有数のタンナー(工場)から取り寄せています。

 

その中でも特に傷などがない厳選した革や非常に希少な革を選定して取り寄せているため、素材へのこだわりは日本製革財布ブランドの中でもトップクラスと言えます。

 

 

そして、財布は全て日本人の熟練の職人による手作りで生産されています。

 

効率や生産スピードは重視せず、最高品質の財布ができるように、こだわり抜いて作っていることが最大の特徴です。

 

特に、単純に革製品の職人に任せるわけではなく、職人一人一人の特性を見抜き、それぞれの職人が得意とする革や製品を担当してもらうようにしています。

 

このように、素材の生産から財布を作る工程全てにこだわりを持っていることが、爆発的な人気を誇る最高品質の財布ができる秘訣と言えます。

ココマイスターの革財布デザイン/機能性

 
ココマイスターの革財布は柄物等はなくシンプルなデザインのみですが、とても高級感がある財布ばかりです。

 

単純にデザインに優れているだけではなく、ココマイスターの財布は経年劣化にも気を配っており、経年劣化によって、より一層手に馴染み、見た目的にも深みが出てきます。

 

どんなに気を付けて使っていても、長年使っていればやはり傷や汚れは絶対に避けられません。

 

デザイン的にブランドのロゴが主張しすぎていたり、模様が独特すぎてすぐに何のブランドがわかる財布であればこれらの汚れは非常に目立ちます。

 

 

その劣化することを、ココマイスターは不思議とプラスに変えてくれるのです。

 

熟練の職人が丁寧に手作りしていることと、シンプルなデザインがそれを可能にしているのです。

 

 

収納は長財布であれば主にカードポケット14個、フリーポケット2つ、札入れ、小銭入れがついています。

 

特別、圧倒的に飛び抜けている点や特徴的な作りをしているわけではありませんが、カードポケットは十分すぎるくらいの量で、少なくて困ることはないでしょう。

 

フリーポケットも2つあれば十分な数です。

 

収納面も高水準で備えていると考えてよいでしょう。

 

 

 

ココマイスターの人気の革財布

ココマイスターの人気のシリーズはこちらのページから↓

 

ココマイスター人気シリーズと実際の商品のレビュー画像

主な価格帯

3万円〜5万円

 

価格帯としては普通ですが、これだけの高級な素材にこだわりの手作りということを考えるとコストパフォーマンスはかなり高めと言えます。
一生物もコンセプトの一つとして作っているので、作りもしっかりしており、長持ちします。
自分用としても記念日のプレゼント用としてもがんばれば手を出せる値段の設定です。

 

※当ブランド主な長財布の価格帯です。時期、新製品、限定商品等によって上下があるので、実際の価格は公式サイトにてご確認いただければ確実です。

主な年齢層

20代後半〜50代後半

 

全体的に高級感があるシンプルなデザインなので、どの世代でも使用することができます。
ただし、シリーズによっては重厚感があり、若い人向けと言うよりは40代、50代以上と言った大人の男性が似合うデザインの物もあるので、自分にあったデザインの物を選ぶと良いでしょう。

まとめ評価

ココマイスターは今、日本製のメンズ革財布ブランドの中でNO.1の人気を誇るブランドで、口コミでの評価も高すぎるほどです。
(実際に、低評価のレビューももちろんありますが、それはほとんどが品切れや店側の対応不備によるもので、品質に関する文句はほとんど見受けられません)

 

品質に一切の妥協を許さない姿勢が、購入者を満足させ、このブランドが急成長を遂げた最大の要因でしょう。

 

まさに大人の男性が使うべき高級感と洗練さを兼ね備えたメンズ革財布と言えます。

 

 

また、他のブランドでは見られない保証の特徴に、「革製品の修理が受けられる永年保証制度」と「イメージ違いの返品・交換制度」があります。

 

特に、通販で購入する場合、「実際に届いてみるとイメージと違う」というようなことが誰でも一度は経験があると思います。

 

そんな場合でも無料で返品・交換することができます。

 

 

このあたりの充実したアフターケアの保証制度も人気の一つかもしれません。

 

 

とにかく一言では語り尽くせませんが、ココマイスターは日本製の革財布の購入を検討しているのであれば、まずは一見するべきブランドです。

 

 

 

 

おすすめ特集


COCOMEISTER(ココマイスター)の革財布の特徴と評判関連ページ

ジョージブライドルシリーズ
ココマイスターのジョージブライドルシリーズは、内装まで贅沢に革を使った高級感溢れる革財布です。その評判を徹底評価します。
ブライドルシリーズ
ココマイスターのブライドルシリーズは、高級感と堅牢さを併せもつブライドルレザーのメンズ革財布です。その評判を徹底評価します。
ココマイスターの人気の理由
ココマイスターの人気の理由は日本製の革財布ブランドとして、とにかく質の高さに徹底的にこだわっている点です。その一番のポイントは日本人の熟練した職人による手作りであるというところです。
ココマイスターの欠点はすぐに売り切れる点
非常に人気が高く絶賛されているココマイスターですが、褒めてばかりではどうかと思い、欠点がないのか調べてみました。すると、唯一と言っていい欠点が一つだけありました。
ココマイスター人気シリーズと実際の商品のレビュー画像
ココマイスターは革の種類によっていくつかのシリーズに分かれています。ここでは特に人気のシリーズを紹介します。それぞれの革には異なる特徴があり、見た目も手触りも変わってきます。
ココマイスターは大学生でも似合うのか?おすすめの革財布をご紹介
大人の男性向けの革財布であるココマイスターですが、大学生が持っても似合う財布を調べてみました。あまりに大人向けを選ぶと背伸びしているように見えてしまうので、デザインはしっかりと選ぶ必要があります。
ココマイスターのメンズ革財布の入荷待ち前にチェックすべきポイント
売り切れ多数のココマイスターにおいて、欲しい物が「職人製造中」になっていた場合にチェックするべきポイントが残されています。すぐにサイトを閉じてしまっては損をしてしまう可能性もあります。
20代メンズの革財布の選び方
ココマイスターを始めとして、日本製の革財布は、大人のメンズ向けのの財布ですが、20代が持っていても良い雰囲気が出ます。ただし、あまりに渋い商品を選ぶと背伸びしているようにしか見えないので、おすすめの品と選び方のポイントを紹介します。
30代メンズの革財布の選び方
30代のメンズともなれば、財布は大人の男性向けのしっかりした物を選ぶ必要があります。社会的地位も財布によって見分けられることもあり、手抜きはできません。そんな30代の男性におすすめの日本製革財布を紹介します。
40代メンズの革財布の選び方
財布はお金をかければ良いというわけではありません。40代の男性は、最もお金に余裕があるので、似合ってもない高額な財布を使っている人も多く見受けられます。自分にぴったりな財布が見つかるよう、おすすめの日本製革財布の選び方を紹介します。
メンズ50代の革財布の選び方
50代の男性は、遊びも仕事もそれなりにやり尽くし、見た目に手を抜くか、かっこいい大人のメンズでい続けるかが両極端になる歳です。まずは50代になってもかっこよさを失わないよう、おすすめの革財布の選び方を紹介します。