日本製のメンズ革財布が今人気

日本製革財布ブランドをチェックしよう

 

革財布は、昔からルイヴィトン、グッチ、ブルガリ、プラダなどの高級ブランド物も確かに人気はありますが、最近では日本製の革財布の人気がかなり高くなってきています。

 

高級ブランド物であれば、ロゴやデザインも人と被ることが多く、誰が見ても一目で「あっ、〜の財布だ」と分かります。

 

それ故、個性を出しにくいというデメリットがあります。

 

また、最近では大学生、高校生ですら、アルバイトをしてルイヴィトン、グッチの長財布を持ち歩いている姿もよく見かけるようになりました。

 

特別お金を持っていない人でも「財布だけは」「時計だけは」と言って、やたら高級なブランド物を持ち歩いているのです。

 

一昔前まではそのような一点物として高級な革財布や時計を購入するのもステータスの一つとして人気がありました。

 

 

しかし、もはや高校生が制服の後ろポケットにヴィトンの長財布をさして歩いているのを見ると、そんな一点だけ高級な物を身に付けることは、値段が高価であるが故に無理して買っている感がかなり出てしまいます。

 

お金のない人が背伸びして買ってもちっとも身分相応には見えず、格好良くもなんともないというのが周囲の正直な意見です。

 

これは何も学生だけでなく、高級ブランド品をサクッと買えるくらいのお金を持っていない人全てに当てはまります。

 

もう高級ブランドの財布を持っていればかっこいいという時代は過ぎてしまったのです。

 

 

そこで今注目を集めているのが日本製の革財布です。

 

ココマイスターユハクを始めとした、高い日本の職人技術で作られた日本製の革財布は、革製品の本場であるヨーロッパの職人技術にも引けをとりません。

 

むしろ、日本人は手先が器用と言われているので、その独特の器用さで細部までこだわった優れた品質の革財布を生み出しています。

 

上記であげた高級ブランドの財布と比べてもデザイン性、機能性、耐久性等、引けを取らないしっかりとしたものばかりです。

 

日本の職人の技術と人気は、革財布だけに限った話ではなく色々な伝統品や芸術品でも評価されていますよね。

 

 

また、素材は独自の仕入れルートや直販における販売ルートなどにより、最高級の品質の物を比較的リーズナブルな価格で提供されていることも非常に魅力です。

 

日本製の革財布として人気の出てきているブランドは、このようなルートをしっかり確立していて、最高級の品質の物を安く提供しようと努力しています。

 

今の革財布は、「安いから壊れやすい」「安物じゃモテない」「高級ブランド物が一番」と言った今までの常識は覆されつつあります。

 

 

その中で今一番注目してほしいのは日本製の革財布です。

 

ぜひ、革財布愛好家たちの中で人気急上昇中の日本製革財布を是非試してみてください。

 

 

おすすめ特集