どんな男性が持っていても恥ずかしくないメンズ革財布

他人の目が気になる人はどんな財布が良い?

 

ファッションというものは基本的に他人に自分を良く見せたくて選ぶ物。

 

「ファッションは自己満足で選ぶ」と言う強がりな人も中にはいますが、本来は自分をかっこよく、かわいく見せることを目的としています。

 

ただ、ファッションは非常に奥が深く、ジャンルや使用する人、20代、30代、40代などの年齢によっても「お洒落」 or 「ダサい」が変わってきてしまいます。

 

そのため、ファッションセンスに自信がない男性の中には、誰が見てもとりあえずダサくは見えない大人向けの(子供っぽくない)「無難な物」を求める必要があります。

 

 

どんな男性が持っていても恥ずかしくない財布

では、ファッションアイテムの一つ、財布に関してはどうでしょうか。

 

結論から言うと、男性が持っていても恥ずかしくない無難な財布は、以下の条件を満たすようなシンプルな革財布になるでしょう。

 

  • 材質:革財布
  • 形状:長財布
  • カラー:「黒」or「濃いめのブラウン」で無地の物

 

革財布

財布の材質に関しては、革財布にしましょう。

 

当サイトでもおすすめしている通り、ビニールや布の材質の財布と皮革で作られた革財布では、雰囲気が全く異なります。

 

ビニールや布タイプの財布では、どうしても持っている男性を子供っぽく見せてしまうことがほとんどです。

 

20代以降はもちろん、10代後半でもこのような財布はダサく見られてしまうかもしれません。

 

 

一方、革財布であれば10代からどんな世代のメンズにも対応することができます。

 

若い男性が持つ場合は、「背伸びしている」ような雰囲気を心配する方もいるかもしれませんが、シンプルな革財布であればそのようなことはありません。

 

少なくともシンプルな革財布を使っていて「ダサい」と思われることはまずありえません。

 

長財布

財布には長財布と二つ折り財布がありますが、「無難な物」であれば長財布のほうを選びましょう。

 

二つ折り財布は、人によって好き嫌いが分かれる傾向にあります。

 

また、カードやお札を入れすぎるとパンパンに膨れ上がってしまい、ダサく見られることも。

 

長財布であれば、どんな人に見せても恥ずかしくありません。

 

カラー

財布のカラーは「黒」or「濃いめのブラウン」を選びましょう。

 

これらの2色は鉄板で、どんな人が持っていても恥ずかしくはありません。

 

逆に他の色の場合、主張が激しすぎたり、服装部分のセンスもないと、一気に全体的にダサくなってしまう場合もあります。

 

 

また、模様についても無地のシンプルなタイプを選びましょう。

 

ファッションセンスに自信がない人が、ブランドのロゴがでかでかとついていたり、よく分からない模様が入っている財布を使うよりは、無地のシンプルなタイプのほうがよいです。

 

おすすめは日本製の革財布

これらの条件を満たすおすすめの財布は、当サイトでも紹介している日本製の革財布ブランドに多くあります。

 

シンプルでとても高級感のある物ばかりなので、どんな人が持っていても恥ずかしくないどころか、お洒落にも見せてくれる仕上がりとなっています。

 

興味のある方はメンズ革財布ランキングをご覧になってみてください。

 

 

おすすめ特集