新らしい日本製の革財布ブランドアヤメアンティーコの革財布の特徴と評判

AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)ってどんなブランド?

 

 

 

AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ)は、2014年にオープンしたかなり真新しい日本製の革財布ブランドです。

 

創業者の菖蒲智氏は、イタリアのフィレンツェで革製品の製造や販売に携わっていた経歴を持ちます。

 

 

イタリアの皮革と日本人の職人による手作りということで、メンズ革財布好きの人にとっては、非常に注目度の高いブランドと言えます。

 

まだ立ち上げたばかりなので知名度はほとんどなく、口コミや評判自体もあまり多くありません。

アヤメアンティーコの革財布ができるまで

アヤメアンティーコで使用されている革は、「カルロ・バラダッシ社」と言うイタリアでは有名な革なめし工場を運営している会社の物を使用しています。

 

「カルロ・バラダッシ社」では、こだわりのパケッタレザー(化学製品を使わず天然の樹木のタンニンを使ってなめした革のこと)を伝統の方法で製造しており、手間がかかる昔ながらの方法でじっくりと作り上げられています。

 

 

そのため、素材として使われている革にも一つ一つ個性があり、独特のシワや傷も非常に深い味わいを出してくれます。

 

 

また、パケッタレザーの品質としてのピークは、出来たての際ではなく、使用者が使い続けて経年劣化した後にピークが訪れます。

 

使えば使うほどに見た目が良くなっていくことは、革財布好きとしては使う楽しみで気分も上がってきます。

 

 

上記の上質なイタリアの革を使用し、革財布自体は日本人の職人による手作りで作られます。

 

仕事に真面目で一途な日本の熟練の職人は、世界でも稀に見る丁寧さと器用さで、非常に上質な革財布を作り上げます。

 

やはり日本人の職人は革財布においても、世界的に品質における評価が高いです。

 

 

また、アヤメアンティーコの特徴の一つとして、小銭入れ等の金具部分も日本の工房でつくられていることがあげられます。

 

 

 

あまり人目につく部分ではありませんが、この金具がさびてきたりすると、一気に財布としての魅力が半減してしまいます。

 

 

その金具を非常に手間をかけて作り上げ、工程の一つには「職人が手作業で滑らかになるまで磨く」というようなものも含まれています。

 

細かい部分ではありますが、金具にもこだわりを持って作っている革財布は非常に珍しく魅力的なポイントです。

アヤメアンティーコの革財布デザイン/機能性

アヤメアンティーコの財布の外見はシンプルでカラーはブラック、ブラウン、ブルーがあり、カラーの種類は多くはありません。

 

王道のブラウンやブラックもありですが、個人的にはこの「オルテンシア(ブルー)」のカラーがすごく深みがあって魅力的に感じます。

 

 

 

収納面については、カード入れは収納十分な16ポケット、小銭入れ付き、そして内装にも外装と同じ皮革が使われています。

 

外側はよく触るので、経年劣化のスピードが速いですが、内側は比較すると遅くなるので、使えば使うほど外と中で色合いが変わっていくのも密かに楽しめます。

 

また、カード段の裏側など見えない部分はグログランという生地で補強をしており、革を長持ちさせる工夫が施されています。

 

 

 

機能性も十分といったレベルです。

アヤメアンティーコの人気の革財布

16タスキーネ ポルタフォーリオ

 

主な価格帯

2万5千円〜3万5千円

 

可もなく不可もなくの値段で革財布の標準的な値段帯です。
記念日のプレゼントに贈るのであれば手を出しやすい値段とも言えます。

 

 

※当ブランド主な長財布の価格帯です。時期、新製品、限定商品等によって上下があるので、実際の価格は公式サイトにてご確認いただければ確実です。

主な年齢層

30代前半〜50代後半

 

大人向けなシンプルなデザインで作られているので、誰にでも似合いますが、どちらかというと30代以降の働き盛りの方が似合う財布です。
経年劣化を楽しむこともできるので、そのような革財布好きは若いうちから持ってもよいかもしれません。

まとめ評価

アヤメアンティーコは、新規精鋭のイタリアの高級革と日本人の職人の手作りによるメンズ革財布ブランドです。

 

素材の品質や財布自体の作りはレベルが高く、高品質な革財布と言えます。

 

 

ただし、このような作り方は他のブランドでも多く採用されていて、ブランド名もほとんどないことから、いまのところ際立った特徴はないのが現状です。

 

他の財布と比較して珍しいポイントは、小銭入れのファスナーの金属部にまでこだわりを持って製造している点です。

 

まだ財布の種類も非常に少ないので、このような他とは違う点をもっと打ち出していけば、財布自体の高品質さから言っても人気が出る可能性を秘めています。

 

 

そのような可能性を秘めているブランドなので、他の人が知らないうちにいち早くチェックをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

おすすめ特集