メンズ革財布に使われる皮革の種類

革財布に使われる革の種類

 

メンズ革財布に使用される革の種類を紹介します。

 

同じ革でも年齢や部位によって様々な魅力があります。

 

牛革

 

・ベビーカーフスキン
生後3ヶ月以内の仔牛の革のこと。牛革の中では最も希少とされるが、市場に出回ることはほとんどない。

 

・カーフスキン
生後6ヶ月前後の仔牛の革のこと。牛革でも薄く傷などもないため市場に出回る中では、最高級素材とされている。表皮もきめ細かく、手触りがしっとりしている。

 

・キップスキン
生後6ヶ月〜1年の中牛の革のこと。カーフより厚手なので丈夫な素材ではあるが、若干きめが荒くなる。それでもカーフについで高級牛皮として知られている。

 

・カウ・ハイド
生後2年前後の雌の成牛革のこと。キップより厚く強いが、雄牛と比べると薄く柔らかい。

 

・ステア・ハイド
仔牛の頃に去勢された成牛の革のこと。去勢されているため、傷も少なく、厚手なので耐久性に優れている。本革と呼ばれる製品に使われることが多く、標準の牛革素材となる。

 

・ブル・ハイド
生後3年以上の去勢されていない雄牛の革のこと。去勢されていない場合、繁殖期の争いで傷がついていることが多いが、非常に厚くて丈夫な革である。
靴底などの見えなくて、丈夫さが必要である場所に使われることが多い。

 

 

馬革

・ホースレザー
薄くて軽いのが特徴であり、牛革と比べると密度や強度は劣るが、柔軟性があるのでシワになりにくい。

 

・コードバン
希少皮革で「革の王様」とも言われる名高く、馬のお尻の革のことを言う。
繊維が非常に緻密で、牛革の3倍の強靭さがあるため丈夫で長持ちする。光沢のある美しい革で人気が高く、僅かしか採取できないので、大変貴重な高級素材として知られている。

 

 

山羊革

・ゴートスキン
山羊の成獣革のこと。表面(銀面)にシボと呼ばれる特有の凸凹を持ち、耐磨耗性に優れている。また、繊維密度が高く、薄くて柔らかい。

 

・キッドスキン
仔山羊の革のこと。ゴートスキンより薄く柔らかい。生産量が少なく高級素材である。

 

 

羊革

・ベビーラムスキン
生後6ヶ月以内の子羊の革のこと。羊革の中でも最も希少性が高く、とても柔らかく軽い上に丈夫さも備えている最高級素材です。

 

・ラムスキン
生後1年以内の子羊の革のこと。とても軽く柔らかく、手触りの良さから高級手袋の素材とされる。

 

・シープスキン
生後1年以上の羊の革のこと。軽断熱性・保湿性に非常に優れており防寒衣料に用いられることが多い。

 

 

鹿革

・ディアスキン
雌の鹿革のこと。非常に柔軟なため型崩れしにくい。きめが細かく通気性も良く耐水性がある。

 

 

ワニ

ワニの革は美しい鱗模様が特徴であり、クロコダイルは最高級の素材として知られている。

 

 

トカゲ

丸斑模様や縞斑などの様々な模様がある。最高級品とされる輪模様のリングマークトカゲ(リザード)が有名。数が減っているので貴重な素材とされている。

 

 

ヘビ

美しい鱗が特徴の革。ニシキヘビが有名でダイヤ型の斑紋・模様がある事から別名ダイヤモンドパイソンとも呼ばれている。

 

 

おすすめ特集